矯正歯科,審美歯科,インプラント,ホワイトニングの事なら東京・銀座の文野矯正歯科へ

診療内容


6歳からの矯正




上図:第一期治療期
6歳から10歳位の乳歯が永久歯にはえかわる時期を “第一期治療期”と言います。

成長を利用して顎の発育を促したり、顎の関節への負担を軽くしたりします。

順応性豊かな時期でもあるので、患者様(お子様)の苦痛も少なく、早く慣れてくれるので治療も進めやすいと言えます。

指しゃぶり、舌癖、つめ噛みなどの歯並びに悪い影響のある習慣をやめさせることも早期治療のひとつです。また、永久歯がはえ揃う“第二治療期”に永久歯を抜かずに治療できるケースも多くあります。

また、治療を始めるにあたっては、本人の理解力なども必要となりますが、保護者の方の協力が早期治療には絶対不可欠なものとなります。
私たちも治療が苦にならないように精一杯のサポートをしています。



第一期治療期(完了)


   
   
   
   







Dr.FUMINOも共同執筆しております