矯正歯科,審美歯科,インプラント,ホワイトニングの事なら東京・銀座の文野矯正歯科へ

診療内容





上図:下の歯が見えません。
噛んだ時に上下の前歯の噛み合わせが極端に深いものを過蓋咬合と言います。

噛み合わせの深さについては、絶対的な基準はありませんが、一般的に、五ミリ以上のものを過蓋咬合という事が多いようです。正しい噛み合わせでは、上の前歯が下の前歯を覆う程度は、二〜三ミリが望ましいとされています。

過蓋咬合は出っ歯や受け口によって生じている事が多いのですが、この状態だと、正しいアゴの運動が出来ないので、歯やアゴの関節に負担がかかる、アゴの筋肉が疲れやすいなどの問題が起こる事があります。



矯正治療後の写真です。
歯茎のラインも綺麗に整っています。


   
   
   
   







Dr.FUMINOも共同執筆しております