矯正歯科,審美歯科,インプラント,ホワイトニングの事なら東京・銀座の文野矯正歯科へ

診療内容





下のアゴや歯が、上のアゴや歯よりも前に出ている症状を受け口(反対咬合)と言います。

受け口の人は、サ行、タ行の発音がしにくい方が多いです。

上下の前歯の先端が合わさる状態も、受け口の一種と言われています。
受け口は骨格に問題があるケースがもっとも多いと言われています。
口呼吸、扁桃腺肥大、舌癖も原因の一つです。
受け口(反対咬合)の治療には、多くの場合、外科手術併用による矯正治療が必要となりますが、当院では症状により矯正治療のみで歯並び、噛み合せ、フェイシャルバランスを創ります。

左図:下のアゴが出ています。



アゴが引っ込み、本来持つべきフェイスラインに整いました。


   
   
   
   







Dr.FUMINOも共同執筆しております